古く宮中では。節目の日に”節会”という宴が 開かれていました。 その節会をもとにできたのが”五節供”です。
 今は年中行事として桃の節供や端午の節供などが 行われていますが、そこにはそれぞれに 込められたいわれや思いがあります。


 ”人日の節供”はお正月の七草粥としてよく知られていますが、古く中国では正月七日に人を占うところから人日の節供とよぶようになりました。
 日本には、もともとこの日に若菜を神さまにお供えし、それをいただいて豊作を祈る風習がありました。そこに中国”人日”に七草のお吸い物をいただいて無病を祈る風習が重なって七草粥をいただくようになりました。
 七草粥には、寒い季節を乗り越えて芽を出す若菜の強さを分けてもらいたいとの思いが込められています。

○春の七草
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(カブ)、スズシロ(大根)


 現在は、ひな人形を飾り、桃の花や蓬餅をお供えして女の子の成長と健康をお祝いする行事ですが、昔、中国では三月初めの巳の日を上巳といい、この日に川で禊をする風習がありました。
 日本では、田植えの前に田の神さまを迎えるため、人の形に紙を切り抜いた”ひとがた”で体をなでてけがれを落とし、海や川に流す祓えの行事でした。そのひとがたが次第に豪華になり、ひなまつりが行われるようになりました。

○曲水の宴
 平安時代の宮中や貴族の間では、三月三日に川や池のほとりに座り、上流から流れてくる盃が目の前を通りすぎないうちに歌を詠み、盃を取って、お酒を飲む節会が行われていました。これを”曲水の宴”といいました。

○ひな人形
 ひな人形は、嫁入り道具の一つとして娘に持たせる習わしがあります。これは嫁入り道中のわざわいをひな人形に変わってもらうためです。
 紙で作った人形から今のように豪華なものに変わっても、人の代わりとしての”ひとがた”の意味は失われずに伝えられてきました。

 ひなまつりが女の子の節供なのに対し、五月五日は鯉のぼりや兜を飾って男の子の成長と健康をお祝いします。
 「端午」は月初めの牛の日を指し、五月に限ってはいませんでしたが、次第に五月五日を端午の節供と呼ぶようになりました。
 もともとは苗を植える役目の早乙女が体を清め田の神さまをまつる行事でしたが、魔よけのためにお供えする菖蒲の花と、尚武とをかけて武者人形を飾るなど、この日が次第に男の子の節供として広まってゆきました。

 七夕は、人星と織り姫が年に一度だけ天の川に橋をかけて会うことを許された日という星祭の言い伝えで親しまれています。
 古くは、食物の成長を神さまに感謝する収穫祭と、お盆に祖先の御霊をお迎えする前に、棚機女と呼ばれる娘が御霊の衣服を織り棚に供え、村のけがれを祓う行事でした。そこに中国から星祭りと乞巧奠の風習が入ってきて、笹竹に願い事を書いた短冊を結びつけて祈る行事へと変化していきました。
 七夕の次の日に笹竹を川や海に流す”七夕流し”は心身のけがれを流すという意味が込められています。

○乞巧奠 
 ”乞巧”は技能や芸能の上達を願う意で、”奠”は祭を意味します。我が国では宮中の節会がはじまりで、そこから民間でも織物が上手な織姫星をまつり、手芸や裁縫の上達を願う行事として行われるようになりました。


 この日は、縁起の良い陽数(奇数)の最大値である九が重なることから”重陽”と呼ばれています。ほかに”菊の宴”の別名もあり、長寿の花として大切にされてきた菊の花をお供えします。
 宮中では菊の花びらを浮かべた菊酒をいただく節会が開かれ、民間でも被せ綿といって前夜に菊に綿をかぶせ、九日の朝に露で湿ってその綿で体を拭いて長寿を願う行事が行われていました。
 現在、家庭で特別な行事を行っているところは少なくなりましたが、この時期になると各地で菊まつりや菊花展が開かれています。

○節供と花
 上巳の節供と桃、端午の節供と菖蒲、重陽の節供と菊というように、節供と季節の花に深いかかわりがあります。
 花にはその季節の神さまが宿ると考えられ、菖蒲湯につかったり、桃酒や菊酒を飲むなどの風習には、花に宿った神さまのお力をいただきたいという願いが込められているのです。

まるみやでは各節句・行事のお菓子や季節のお菓子を取り揃えております。
お気軽にお問い合わせください。

Copyright© Marumiya All Right Reserved