「十五夜」とは旧暦八月十五日、新暦では九月中旬あるいは下句に、満月を鑑賞する行事です。 「お月見」「名月(めいげつ)」「中秋(ちゅうしゅう)の名月」ともいわれ、昔から月見の好時節として詩歌や俳句の題材ともなっています。
十五夜の行事は中国から伝来したものといわれていますが、日本で「月見」が一般庶民に広まったのは江戸時代以降と考えられ、特に農業を生業とする地域では、一つの農耕儀礼としての性格が強く表れています。
十五夜の晩にはススキが飾られ、団子やまんじゅう、おはぎなどのお菓子をお供えします。また、そのほかに野菜や果物などの畑作物もお供えする地域もあるようです。
十五夜や、十三夜の夜は、子供たちがお供え物の「月見団子」や「おはぎ」など貰い歩くことができ、子供たちにとっても待ち遠しい行事の一つでした。
その方法もユニークで 子どもたちは少し長めの竿(棒)を持って出かけ、この竿を遠くから操っては団子やおはぎ、柿等をとったというわけです。
逆に盗まれる(あるいはさげてもらう)側にとっても、 供え物を失うことで翌年の豊作を占うといった面白い風習があったとのことです。
お菓子処 まるみやではおいしいお月見団子を取り扱っております。
また、大好評をいただいております、お彼岸のお菓子もご予約承っております。
まるみやの彼岸団子は特に蒸し団子がお勧め。砂糖を使わない、米粉だけの皮で塩が利いた粒あんを包みました。昔ながらの製法で、蒸し上げた「蒸し団子」は日持ちがしないので、供え物には不向きですが、食べては非常に美味しいと評判です。おはぎは、北海道産の選りすぐりの大納言を全て自社工場内で練り上げました。餅米も地元八戸の米を使っています。
品切れになることもあるので、お早めのご予約をお勧めします。

Copyright© Marumiya All Right Reserved