タイヤキ食べたい 秋がキタ!!

ひんやりとした風を感じる季節。
店頭には、色とりどりの「おいしい秋」の味覚が並び始めています。

その中でも、この季節
「食べなくてはいられない!!」と誘惑してくる あの存在。

そう“KING OF TAKEOUT SWEETS「鯛焼き」”です。

庶民の愛されスイーツ「鯛焼き」は なんと今年、生誕100周年! みなさんご存知でしたか? ルーツは1909年の東京麹町の とあるお店から生まれ、 100年もの間、私たちの舌を、お腹を、心を満たしてきてくれました。 まるみやでは、この「鯛焼き」を、小さなお子様からご年配の方まで 気軽に楽しんでもらえるよう、また、お土産としてお持ち帰りいただけるよう かわいらしいミニチュアサイズで 焼き上げました。 「小鯛焼き」(あんこ)「いかっ子焼き」(クリーム)として 2004年のデビューから、毎日毎日、出来立てのアツアツを八食センター店で 販売しております。

 

そして、5年目となるこの秋 鯛焼きの概念をくつがえす!?
待望のニューフェイスが誕生! その名も 「白い子鯛焼き」…そのまんまです(笑) 見た目はもちろん、食感でびっくり! あんこでどっきり! 食べたらとまらない! どうです?気になるでしょう? 開発に1年かけたこの「白い子鯛焼き」。 お待たせしただけあって、かなりの自信作です。

 

そのヒミツはこちら!↓  ↓  ↓

@まずは見た目。 モチモチの白い肌。 純白の天使のような、小さな鯛焼き。

Aそして食感は まるでお餅! このモチモチの正体は、「タピオカ粉」。 焼き上がりのタイミングが非常に難しい生地。 職人が一つ一つ丁寧に焼き上げていきます。

Bさらに、あんこ! あんこは風味のよい「白餡」をたっぷり入れちゃいます。 中身まで真っ白(笑) 実は、この餡。ただの白餡じゃないんです! 優しい甘さの中に 香ばしい香りのアクセント。 あんこなのに、クリーミー。スイーツのようなまろやかさ・・・。 まるみやオリジナル「ココナツ餡」です!

 

いかがですか? もう我慢ができないでしょう。 アツアツの焼き上がりは「サクふわモチッ」 熱が冷めると、「モッチモッチ」食感がさらに増します。、 風味の違いを楽しめるものGOOD♪ まるみや八食店で大好評 発売中! そろそろ 焼きあがるかも・・・お店に急いでね♪

 

Copyright© Marumiya All Right Reserved